サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 市民の「第九」コンサート2014 | トップページ | 吉良ですが、なにか? »

2014年12月 6日 (土)

石川文洋写真展「ベトナム戦争と沖縄の基地」

石川文洋写真展「ベトナム戦争と沖縄の基地」


今日は東京で観劇のため上京。

その前に横浜の日本新聞博物館に寄って、タイトルの写真展を観てきました。


戦場となったベトナムで、兵士、負傷した市民、足を失った子ども、後遺症や不発弾に苦しむ人たちを捉えた写真は、戦争とは何かを静かに訴えます。


そしてベトナム戦争の米軍出撃地となった沖縄。
基地や町、それを取り巻く人々の姿は、現在の沖縄が抱える問題を浮き彫りにしています。


キャプションの中にあった印象的なフレーズ、それは、

「政治家は常に安全な場所にいる」


まさに、ペラペラと内容のないことを語り、やるべきことは何一つやらず、やってはいけないことだけを独善的に進める、人の痛みがを分かろうともしないこの国の宰相そのもの。


総選挙を控えた今、写真展のテーマは、改めてこの国の未来について考えさせられるものになりました。

« 市民の「第九」コンサート2014 | トップページ | 吉良ですが、なにか? »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/58193480

この記事へのトラックバック一覧です: 石川文洋写真展「ベトナム戦争と沖縄の基地」:

« 市民の「第九」コンサート2014 | トップページ | 吉良ですが、なにか? »