サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北陸新幹線開業日に初乗り | トップページ | 2015・初ナゴヤドーム »

2015年3月15日 (日)

斉藤由貴 30th Anniversary Concert

今日の午前中は、都内にある、昨年亡くなったお世話になった方のご自宅へ。

線香をあげるとともに、昨日の北陸新幹線開業にちなんだ品などをお供えしました。

友人2人と伺いましたが、ご家族との話がとても楽しく、ついつい長居。
午後からの予定の前に、昼食を取りそびれてしまいました…。


午後からの予定とは、世田谷のシアタークリエで表題のコンサートを観ること。

もともとこのコンサート鑑賞の予定が最初にあって、東京へ行くなら故人のお宅へのご挨拶をと考え、そういえば前日は北陸新幹線開業日だった、ということで、今回の旅となったわけです。


斉藤由貴 30th Anniversary Concert

で、本題の斉藤由貴のコンサートです。

斉藤由貴はおそらく、私が初めてファンになったアイドル。

それがいまだにずっと続いているわけで、昨年「紫式部ダイアリー」(斉藤由貴と長澤まさみの2人芝居)を観たときにもらったチラシでこのコンサートの開催を知り、これはぜひとも行かねばと、チケット発売初日に無事購入した次第です。


それほど大きくない会場は、私と同じ40~50歳代と思われる男性が圧倒的多数。

コンサートは13日が初日で、今日まで4公演。
公演ごとに違うゲストが登場するので、私も都内に住んでたら複数回行ったかも…。


斉藤由貴の世界が朗読、歌、トークで繰り広げられた2時間30分。

歌は、「卒業」はじめ、「夢の中へ」「白い炎」「悲しみよこんにちは」「MAY」などなど、ヒットした曲はほとんど歌ってくれて(歌わなかったのは「情熱」くらいかな)、私もしばし10代のころに戻った気分に。

「悲しみよこんにちは」の時は、客席の通路を一周走り、通路側に座っていた私の横も駆け抜けていきました。


この日のゲストは崎谷健次郎(「夢の中へ」のプロデュースはじめ、斉藤由貴に多くの楽曲を提供)。
斉藤由貴の衣装替えの「つなぎ」で披露した「もう一度夜を止めて」は秀逸でした。


昼食を取りそびれたことをすっかり忘れてしまうくらい、昔に戻って心洗われた感じのひとときでした。

やっぱり、私にとって斉藤由貴は永遠のアイドル、かな。


・・・ちょっと余談。

「MAY」は、映画「恋する女たち」の主題歌で、この映画は私が初めて映画を一人で観に行った、思い出の作品。

帰宅後に書棚を探したら、パンフレットが残っていました。

斉藤由貴 30th Anniversary Concert

これも10代の思い出の一コマです。

« 北陸新幹線開業日に初乗り | トップページ | 2015・初ナゴヤドーム »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/59364075

この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤由貴 30th Anniversary Concert:

« 北陸新幹線開業日に初乗り | トップページ | 2015・初ナゴヤドーム »