サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4年目の春 | トップページ | 斉藤由貴 30th Anniversary Concert »

2015年3月14日 (土)

北陸新幹線開業日に初乗り


北陸新幹線開業日に初乗り


今日は北陸新幹線長野−金沢の開業日。

明日東京で所用があり、せっかく東へ行くなら1日早く出て、開業日に初乗りしようと思い立ちました。

出発は名古屋発「しらさぎ1号」。
昨日までは富山ゆきだったのが、新幹線開業に伴い今日から金沢ゆきとなりました。

車内は加賀温泉や金沢方面へ行くグループ客が多く、賑やか。


金沢駅に着くと、やはりかなりの人出。
コンコースは歩くのも大変で、新幹線ホームへ入るための入場券を買う人の列も相当なもの。

一方、そこかしこで、美しい加賀友禅を着た女性達が出迎えていて、華やかな雰囲気もあります。

北陸新幹線開業日に初乗り


駅内郵便局や、地下広場の特設ショップで開業記念の品を買って、ひとまず、こちらも今日開業のIRいしかわ鉄道に乗ってみることに。

500円の1日フリーきっぷを買って、フリー区間の東端かつあいの風とやま鉄道との境界である倶利伽羅まで往復しました。

北陸新幹線開業日に初乗り


倶利伽羅はJR時代も降りたことがなく、今回が初降りで、のどかな雰囲気。
電車の乗客はかなり多いものの、昨日までは特急がひっきりなしに走っていたのに、1日ですっかりローカル線の様相です。


それにしても、新幹線開業に伴って、在来線運行のための第三セクターが3つ、県ごとに新たに設立されたのはいかがなものかと言わざるを得ません。

石川と富山の境界は倶利伽羅ですが、乗務員交代は石動。富山と新潟も、境界は市振なので同じことが起きているでしょう。
それに何よりも運賃が会社ごとになれば高くついて、利用者が不利益を被ります。
趣味的に言えば、青春18きっぷは一部区間しか使えず、長野−金沢間の移動はかなりの出費が伴いそうです。


新幹線開業の影の部分を先に見てしまいましたが、新しい時代を迎えたことは事実です。

金沢駅に戻って新幹線ホームに上れば、新幹線を見物する人で賑わっていて、みんな嬉しそう。
鉄道が笑顔をもたらす光景は、こちらも嬉しくなります。


北陸新幹線開業日に初乗り


さて、いよいよ新幹線に初乗り。

乗ったのは、開業区間の駅にすべて停車する「はくたか570号」。
私が乗った8号車は、団体客と鉄道ファンがほとんどでした。

E7系普通車の座席は落ち着いた色合いで、車端の席でもほとんど揺れがなく、実に快適。
トンネルが多く、景色が見える区間が少ないのは残念ですが、やむを得ません。

北陸新幹線開業日に初乗り


どの駅も、ホームには新幹線を見に来ている人で賑わっていて、手を振る親子を多く見かけました。
こちらも、笑顔で手を振り返します。

金沢駅の様子、車窓から見た各駅の様子から、北陸新幹線は地元の人が待ち望んでいて、開業を喜んでいることを実感しました。


金沢から3時間、早いなあ、という感じで東京着。
これは今朝の名古屋から金沢までの時間と同じです。速達タイプの「かがやき」ならさらに早く、首都圏と北陸が格段に近くなって、人の流れが大きく変わりそうです。

今日はお祭りみたいなところもあり、いずれ、開業区間の各駅に降りつつ、新幹線と第三セクター鉄道の普段着の姿を見に来たいと思っています。


・・・ちなみに今日は私の43歳の誕生日。
誕生日が鉄道史に残る日になり、その現場に立てた巡り合わせを、とても幸せに感じています。

« 4年目の春 | トップページ | 斉藤由貴 30th Anniversary Concert »

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/59268805

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線開業日に初乗り:

« 4年目の春 | トップページ | 斉藤由貴 30th Anniversary Concert »