サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

あいの風とやま鉄道初乗り

あいの風とやま鉄道初乗り

泊から富山ゆきに乗り継ぎました。

えちごトキめき鉄道とあいの風とやま鉄道の境界駅は市振ですが、乗り換えは全て泊となっています。

あいの風とやま鉄道初乗り

泊での乗り換えは、同一ホームかつ列車間の距離が近いので便利ではありますが、これも県別に会社を分けたがゆえの産物。

鉄道会社の境界と運行上の境界のズレの話は、北陸新幹線開業日の記事でも触れましたが、この現状は、やはり在来線のあり方としてはいかがなものかと思います。


さて、あいの風とやま鉄道は、在来線分離4社の中で唯一、フリーきっぷの当日発売をしていません。
こんなところはJR東日本・西日本の真似をしなくてもいいと思うんですが。

もうひとつ、境界駅である倶利伽羅と市振を、駅管理が他社であるからか、ホームページの案内や、フリーきっぷの範囲から除いたりしているのも理解に苦しみます。
何か考え違いをしていると言わざるを得ません。


話を旅の模様に戻すと、泊から乗った2両の電車は富山へ近づくにつれ混雑し、満員状態で富山着。2両では供給不足を感じます。


富山駅は在来線の高架化工事の途上で、駅周辺も整備中ではあるものの、路面電車が駅直下に入るようになって、乗り換えが格段に便利になりました。

あいの風とやま鉄道初乗り

あいの風とやま鉄道初乗り

路面電車の富山駅は新駅で、路線の延伸を伴っているので、まずは環状線で一周して完乗。

そして富山に来て時間があれば必ず食べる、大喜のブラックラーメンで富山滞在の締めとしました。

あいの風とやま鉄道初乗り


富山から乗った金沢ゆきは国鉄型の415系3両で、特に高岡まではかなりの乗車率。
倶利伽羅到着時点で、分離在来線を無事完乗となりました。


名古屋への帰路は、金沢から高速バス。
高岡便や富山便は最近乗っていますが、金沢便は久しぶり。
のんびり安価に帰るとします。

えちごトキめき鉄道初乗り

今日は、北陸新幹線開業に伴い、JRから切り離された第三セクター鉄道に初乗り。

分離された在来線は、県別に4社で運営されていますが、開業日にIRいしかわ鉄道には乗っているので、今日は残り3社に乗ってしまおうというわけです。

長野から妙高高原まではしなの鉄道北しなの線。
この区間の運賃は830円ですが、せっかくなので1000円のフリーきっぷを買ってみました。

妙高高原からはえちごトキめき鉄道。
こちらは土日祝日連続2日間全線で使える1000円の「トキめきホリデーフリーパス」があり、ありがたく使わせてもらいます。

えちごトキめき鉄道初乗り


まずは新幹線との接続駅、上越妙高に下車。
JR時代の脇野田駅が新幹線側に移設されていますが、駅舎はずいぶん気合いが入った大きな造りです。

えちごトキめき鉄道初乗り

駅周辺はまだ造成途上。
それなりに利用客はありますが、駅の規模に比すれば、閑散とした感じは否めませんでした。


直江津で泊ゆきに乗り換え。
新車のにおいが残るディーゼルカーは1両でびっくり。
車内の吊り案内によれば、ワンマン運転の場合は1両が基本の由。
JR時代は3両だったと思いますが、直江津から糸魚川まで乗った列車は座席は全て埋まって、数人が立っているという状況。
これで通年賄えるのかよく分かりませんが、幹線だった北陸線を走る列車にしては寂しいというのが正直な感想です。


びっくりしたと言えば、直江津駅がえちごトキめき鉄道の管轄になっていたこと。

えちごトキめき鉄道初乗り

駅名標と駅員を見て気づいたのですが、直江津という駅の格からして、何となくJR管轄のままだと思い込んでいたので…。
まあ、あくまで個人的なものですが。


次に降りたのは糸魚川。
こちらは山側に新しくアルプス口ができ、ジオステーション「ジオパル」が整備されています。
キハ52系が待合室として静態保存されているほか、プラレールやNゲージ・HOゲージのジオラマがあって、家族連れでまずまず賑わっていました。

えちごトキめき鉄道初乗り


新幹線ホームに上がってみると、新幹線見物の親子連れが何組か。ジオラマパークと合わせ、鉄道パークのようになっているのは結構なことです。

また、ホームからは日本海が見え、なかなかの風景。

えちごトキめき鉄道初乗り


駅から300メートルも歩けば日本海なので、国道8号線沿いにある展望台まで行ってみました。
糸魚川には乗り換えで降りたことしかなく、展望台まで行ったのは初めてでしたが、想像以上にいい眺めが味わえたのは新しい発見。

糸魚川から乗った泊ゆきも1両ワンマン。
こちらは糸魚川からの乗車より降車の方が多く、泊まで乗ったのは10人ほどでした。

2015年5月30日 (土)

善光寺御開帳

3月の北陸新幹線開業のとき以来、久しぶりに旅に出ました。


GWも珍しく旅行しませんでしたが、本当は5連休は旅行予定だったのが、伯母が亡くなり、すべて取り止めたことによります。
ちょっと急だったことと、伯母には幼い頃から可愛がってもらって思い出も多く、しばらく心の整理がつきませんでした。

他にもいろいろあって、そろそろリフレッシュを図らないと持たなくなったゆえの旅です。


そのような次第で、今回の目的地はGWの旅を縮小して仕切り直したもの。
まずは善光寺を目指し、名古屋13時発しなの13号で遅めの出発。

長野駅近くのホテルへチェックインして身軽になってから、ぶらぶら歩いて、17時少し前に善光寺本堂に着きました。

善光寺は7年に1度の御開帳が明日までとあって、かなりの賑わいです。

善光寺御開帳


それでも夕方とあって帰る人の方がやや多く、御開帳のシンボルである回向柱のまわりにも大勢の人がいたものの、ほとんど待たずに触れることができました。


まだ時間はあるので、本堂外陣を参拝したり、山門に上って景色を眺めたり、釈迦堂にある回向柱にも触れたりと、のんびり散策。

善光寺御開帳

善光寺御開帳


善光寺へ来たのは学生時代以来で、そのときは本堂内陣の参拝や戒壇巡りはしましたが、釈迦堂は未訪、山門は当時公開を中断しており、今回が初めての参拝となりました。


日没が近づくにつれ、本堂周辺に参拝客が増え、回向柱参拝の列もかなり伸びて来ました。
日没後に本堂と回向柱がライトアップされるため、みんなこの時間を狙って来たようです。

ライトアップされた本堂、回向柱のたたずまいも趣があり、待ってて良かった!

善光寺御開帳


久々の善光寺に満足して帰路に。
帰りは長野電鉄の善光寺下駅まで歩いて、電車に乗ってみました。

善光寺下駅には、御開帳期間中は特急が臨時停車するので、この期間だけ硬券の特急券が発売されます。
記念に買おうと窓口をのぞいたら、大人券は売り切れ、小人券ならあるとのことだったので、
迷わず購入。

善光寺御開帳

明日は同じ目的の人たちが増えることでしょうね。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »