サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 善光寺御開帳 | トップページ | あいの風とやま鉄道初乗り »

2015年5月31日 (日)

えちごトキめき鉄道初乗り

今日は、北陸新幹線開業に伴い、JRから切り離された第三セクター鉄道に初乗り。

分離された在来線は、県別に4社で運営されていますが、開業日にIRいしかわ鉄道には乗っているので、今日は残り3社に乗ってしまおうというわけです。

長野から妙高高原まではしなの鉄道北しなの線。
この区間の運賃は830円ですが、せっかくなので1000円のフリーきっぷを買ってみました。

妙高高原からはえちごトキめき鉄道。
こちらは土日祝日連続2日間全線で使える1000円の「トキめきホリデーフリーパス」があり、ありがたく使わせてもらいます。

えちごトキめき鉄道初乗り


まずは新幹線との接続駅、上越妙高に下車。
JR時代の脇野田駅が新幹線側に移設されていますが、駅舎はずいぶん気合いが入った大きな造りです。

えちごトキめき鉄道初乗り

駅周辺はまだ造成途上。
それなりに利用客はありますが、駅の規模に比すれば、閑散とした感じは否めませんでした。


直江津で泊ゆきに乗り換え。
新車のにおいが残るディーゼルカーは1両でびっくり。
車内の吊り案内によれば、ワンマン運転の場合は1両が基本の由。
JR時代は3両だったと思いますが、直江津から糸魚川まで乗った列車は座席は全て埋まって、数人が立っているという状況。
これで通年賄えるのかよく分かりませんが、幹線だった北陸線を走る列車にしては寂しいというのが正直な感想です。


びっくりしたと言えば、直江津駅がえちごトキめき鉄道の管轄になっていたこと。

えちごトキめき鉄道初乗り

駅名標と駅員を見て気づいたのですが、直江津という駅の格からして、何となくJR管轄のままだと思い込んでいたので…。
まあ、あくまで個人的なものですが。


次に降りたのは糸魚川。
こちらは山側に新しくアルプス口ができ、ジオステーション「ジオパル」が整備されています。
キハ52系が待合室として静態保存されているほか、プラレールやNゲージ・HOゲージのジオラマがあって、家族連れでまずまず賑わっていました。

えちごトキめき鉄道初乗り


新幹線ホームに上がってみると、新幹線見物の親子連れが何組か。ジオラマパークと合わせ、鉄道パークのようになっているのは結構なことです。

また、ホームからは日本海が見え、なかなかの風景。

えちごトキめき鉄道初乗り


駅から300メートルも歩けば日本海なので、国道8号線沿いにある展望台まで行ってみました。
糸魚川には乗り換えで降りたことしかなく、展望台まで行ったのは初めてでしたが、想像以上にいい眺めが味わえたのは新しい発見。

糸魚川から乗った泊ゆきも1両ワンマン。
こちらは糸魚川からの乗車より降車の方が多く、泊まで乗ったのは10人ほどでした。

« 善光寺御開帳 | トップページ | あいの風とやま鉄道初乗り »

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/60203243

この記事へのトラックバック一覧です: えちごトキめき鉄道初乗り:

« 善光寺御開帳 | トップページ | あいの風とやま鉄道初乗り »