サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« えちごトキめき鉄道初乗り | トップページ | 今年も、始まりました »

2015年5月31日 (日)

あいの風とやま鉄道初乗り

あいの風とやま鉄道初乗り

泊から富山ゆきに乗り継ぎました。

えちごトキめき鉄道とあいの風とやま鉄道の境界駅は市振ですが、乗り換えは全て泊となっています。

あいの風とやま鉄道初乗り

泊での乗り換えは、同一ホームかつ列車間の距離が近いので便利ではありますが、これも県別に会社を分けたがゆえの産物。

鉄道会社の境界と運行上の境界のズレの話は、北陸新幹線開業日の記事でも触れましたが、この現状は、やはり在来線のあり方としてはいかがなものかと思います。


さて、あいの風とやま鉄道は、在来線分離4社の中で唯一、フリーきっぷの当日発売をしていません。
こんなところはJR東日本・西日本の真似をしなくてもいいと思うんですが。

もうひとつ、境界駅である倶利伽羅と市振を、駅管理が他社であるからか、ホームページの案内や、フリーきっぷの範囲から除いたりしているのも理解に苦しみます。
何か考え違いをしていると言わざるを得ません。


話を旅の模様に戻すと、泊から乗った2両の電車は富山へ近づくにつれ混雑し、満員状態で富山着。2両では供給不足を感じます。


富山駅は在来線の高架化工事の途上で、駅周辺も整備中ではあるものの、路面電車が駅直下に入るようになって、乗り換えが格段に便利になりました。

あいの風とやま鉄道初乗り

あいの風とやま鉄道初乗り

路面電車の富山駅は新駅で、路線の延伸を伴っているので、まずは環状線で一周して完乗。

そして富山に来て時間があれば必ず食べる、大喜のブラックラーメンで富山滞在の締めとしました。

あいの風とやま鉄道初乗り


富山から乗った金沢ゆきは国鉄型の415系3両で、特に高岡まではかなりの乗車率。
倶利伽羅到着時点で、分離在来線を無事完乗となりました。


名古屋への帰路は、金沢から高速バス。
高岡便や富山便は最近乗っていますが、金沢便は久しぶり。
のんびり安価に帰るとします。

« えちごトキめき鉄道初乗り | トップページ | 今年も、始まりました »

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/60204171

この記事へのトラックバック一覧です: あいの風とやま鉄道初乗り:

« えちごトキめき鉄道初乗り | トップページ | 今年も、始まりました »