サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015大相撲名古屋場所 9日目観戦 | トップページ | 旧中山宿駅・スイッチバック駅跡 »

2015年7月25日 (土)

只見線・国鉄色DCと代行バス

2か月ぶりに旅に出ました。

昨夜、名鉄バスセンターから夜行バスに乗り、早朝に新潟着。

新潟発只見ゆきの臨時快速「国鉄色DC只見自然満喫号」に乗って、久しぶりに只見線をたどります。


只見線・国鉄色DCと代行バス


小出から魚沼市観光協会の人が乗ってきて、ガイドに加え、パンフレットとせんべいが配られました。
せんべいは魚沼産の米を使っていて、さすがに美味。


只見線・国鉄色DCと代行バス


さてこの「国鉄色DC」、車両が昔懐かしクリームと朱の2色に塗られています。
色自体はローカル線によく似合っていて結構ですが、この「キハ40系」という車両は、国鉄時代は明るい朱色1色に塗られていました(この2色の組み合わせは、最近のリバイバルブームにあわせて新調したものと思います)。
ゆえに、車両と色の組み合わせという点では、しっくりしないものがあります。


只見線・国鉄色DCと代行バス


でもまあ、ここは細かいことはさておき、雰囲気を楽しめたので、私的には満足しました。



只見の駅前では、町の観光協会による麦茶や甘酒のサービスがあって、暑い中清涼剤になります。


只見から会津川口まではバス代行。
マイクロバスは臨時快速からの乗り継ぎ客で賑わい、補助席を使って何とか全員乗れました。

只見線・国鉄色DCと代行バス

積み残しが出たり、満席時に途中駅での乗車があったりするときは、地元のタクシーが助っ人に立つようで、運転手が関係先に連絡をとっていたようです。
もっとも、途中での乗車はなかったので、杞憂でしたが。

ちなみに降車も温泉に行くという観光客のおじさんが1人降りただけ、地元の人とおぼしき乗客も1人きり。


途中、2011年の豪雨で流されたり、損壊したりしている鉄橋を見ました。
被害状況や乗客数をみると、復旧は相当困難だというのが率直な印象です。

只見線・国鉄色DCと代行バス


会津川口からは再び列車の旅。
こちらは途中で高校生や地元客の利用がそれなりにあって、盛況でした。

« 2015大相撲名古屋場所 9日目観戦 | トップページ | 旧中山宿駅・スイッチバック駅跡 »

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/60890924

この記事へのトラックバック一覧です: 只見線・国鉄色DCと代行バス:

« 2015大相撲名古屋場所 9日目観戦 | トップページ | 旧中山宿駅・スイッチバック駅跡 »