サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 薬師丸ひろ子コンサート2015 | トップページ | 四日市あすなろう鉄道初乗り »

2015年10月18日 (日)

黒野駅レールパーク

今日は鉄道関係のサークルの例会で、岐阜へ。
10年ほど前に廃止になった名鉄揖斐線黒野駅が、2年前に「黒野駅レールパーク」として整備されたことを知って、出掛けました。

JR岐阜駅から岐阜バスで1時間弱。
ちなみに岐阜バスは土日祝に使える一日乗車券を期間限定で500円で発売しています。

黒野駅レールパーク

レールパーク最寄の黒野八幡町まで510円なので、片道で元が取れる、とってもお得。
まさか萌えキャラを使ってるとは思いませんでしたが。


さて、レールパークは、旧黒野駅の島式ホーム1本と、片側のレールを残して、公園となっていました。

(編集用)追加写真


近所の子どもたちや家族連れが、ボール遊びなどに興じていたり、子どもを乗せた電車風のミニカーがホームの周りを一周していたりと、地域の公園として根付いている様子。

駅舎は立て替えられ、2階に手作り感あふれるジオラマがあって、Nゲージの電車を走らせていました。なお、ミニカーの運転やジオラマの公開は週末限定の由。

1階と2階には、現役当時の時刻表や運賃表などが展示してあります。

(編集用)追加写真
↑1階に展示してある運賃表。初乗り110円、まだ「金山橋」時代なので、相当に古い。


(編集用)追加写真

(編集用)追加写真
2階のジオラマと展示品。上の時刻表は黒野のひとつ谷汲寄り、黒野北口のものか。


ホームに展示してある電車は、美濃市から今年度中を期限とすると借り物で、園内で会った人の話だと、延長か譲渡の交渉をしているとか。

黒野駅レールパーク

確かに、電車のある姿がよく似合っていて、これがなくなってしまうとホームが寂しくなって、どうにも落ち着かない感じになりそうです。


公園の北側は、本揖斐方向の配線跡を遊歩道に整備してあります。
公園の端まで歩くと、公道を挟んだ向かい側には鉄橋が残っていました。

黒野駅レールパーク



分岐する谷汲線跡も、レールをめくっただけの状態で、往時を偲ぶことができます。

(編集用)追加写真



黒野までの道中も、線路跡や駅跡が結構残っていたのが見えたので、一日乗車券の気軽さで、帰りにちょっと寄ってみたり、バス停から近かった樽見鉄道北方真桑駅に立ってみたりと、思った以上に楽しめた半日でした。
(樽見鉄道は、時間が合えば乗ろうと思ったのだけれど、40分くらい待たねばならなかったので断念しました…。)


黒野駅レールパーク
↑政田駅跡。黒野から岐阜方へ3駅目で、交換可能だった。


黒野駅レールパーク
↑北方真桑駅。昔ながらのローカル線の駅らしい雰囲気。

« 薬師丸ひろ子コンサート2015 | トップページ | 四日市あすなろう鉄道初乗り »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/62107955

この記事へのトラックバック一覧です: 黒野駅レールパーク:

« 薬師丸ひろ子コンサート2015 | トップページ | 四日市あすなろう鉄道初乗り »