サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

市民の「第九」コンサート2015

市民の「第九」コンサート2015

今日は、「市民の『第九』コンサート2015」の本番。
無事、今年で19回目の出演を迎えることができました。

11月に入り、突発的な仕事に忙殺され、毎週月曜日の練習を3週連続欠席。
何とか最後の全体練習には出られ、昨日のリハーサル、今日のゲネプロ・本番とこなすことができたということで、例年より「舞台に立ててほっとした」という思いが強くなっています。


指揮者の栗田博文さんの情熱的で、力のこもった指揮に合唱団がよくついていけて(何か所か、一部の人はフライングしてしまいましたが)いい合唱ができたと思っています。


終了後は、観に来てくれた友人たちと打ち上げ&ちょっと早めの忘年会。
大いに飲んで、気分よくフィナーレ。


来年以降も、参加できる限りは続けていきたいという思いを新たにしました。



市民の「第九」コンサート2015

市民の「第九」コンサート2015

【プログラム】(当日配布のパンフより抜粋)

ルートヴィッヒ・ファン・ベートーヴェン作曲
献堂式序曲 作品124
交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付」

<演奏>
指揮:栗田博文
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団
独唱:ソプラノ 水谷映美/メゾ・ソプラノ 木村洋子/テノール 錦織健/バス 松下雅人
合唱:市民の「第九」コンサート2015特別合唱団

2015年11月 7日 (土)

第51回 名古屋市立高等学校音楽会

今月に入って仕事環境が一変。
かなりハードな状況になっていますが、幸いこの土日は休み。

ということで、今日は気分転換にアートピアホールへ行って、高校生の音楽会を鑑賞してきました。

第51回 名古屋市立高等学校音楽会


昨年も鑑賞した、名古屋市立高校全14校の音楽部がそろって出演する音楽会。
昨年は朝から最後まですべて観ましたが、 今年は前後の所用の関係で午後の邦楽と吹奏楽・管弦楽と合唱のみ。

それでも、高校生の情熱を感じるステージをたっぷり楽しむことができました。


邦楽は、菊里高校箏曲部、緑高校和太鼓部、名東高校能楽研究部が出演。
昨年この3部の発表がとりわけ印象に残っていたので、今年も楽しみにしていました。

いずれも期待を裏切らない舞台でしたが、名東高校の能楽研は昨年は2人だったのに、今年はドイツ人留学生も含め9人に増えていたのが目を引きました。
中日新聞の市民版にも取り上げられており、伝統芸能に関心を持つ若い世代が増えるのは嬉しいことです。


第51回 名古屋市立高等学校音楽会


吹奏楽・管弦楽と合唱は、各校のカラーや実力がよく分かる舞台。
合唱は、向陽高校と北高校が圧巻のステージで、この2校に桜台高校を加えた3校の実力が抜きん出ていました。


第51回 名古屋市立高等学校音楽会


舞台に立つ高校生は、みんな躍動感があってまぶしく映りました。
来年以降も、観に行くのが楽しみです。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »