サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016新春温泉紀行 その1・鉛温泉 | トップページ | 山梨ワイン呑み呑みツアー 1日目 »

2016年1月11日 (月)

2016新春温泉紀行 その2・栃尾又温泉

2016新春温泉紀行 その2・栃尾又温泉


昨日は鉛温泉をあとに、新幹線を乗り継いで栃尾又温泉「自在館」へ。
こうした動きができるのも、三連休乗車券を使用しているからこそです。

自在館、とりわけ大正時代の木造建築「大正棟」の雰囲気が気に入っており、このところ毎年訪れているので、今回の旅に組み込むのは必然でした。


さて、新花巻-大宮-浦佐と新幹線でたどり、在来線に乗り換えて小出に着けば、雪はほとんどなく、降ってるのは雨。
魚沼地方は豪雪地帯のはずですが、とても1月の風景ではありません。


路線バスに揺られて30分、最後は乗客が私だけになって栃尾又温泉に着いてみても、雪は少なめ。
ここの雪景色が好きで通っているところもありますが、これほど少ないのは初めてです。


さて、宿で旅装を解けば、こじんまりした昔ながらの部屋でくつろぎ、食事と酒を楽しみ、着いてから朝まで温泉三昧と、毎年同じパターンの過ごし方になりますが、これが何とも心地いい。

2016新春温泉紀行 その2・栃尾又温泉


昨年までと違うのは、栃尾又温泉の3つの宿共用の大浴場が、従来の「うえの湯」「したの湯」に加えて、うえの湯の隣に新たに「おくの湯」ができたこと。

2016新春温泉紀行 その2・栃尾又温泉


大浴場は、したの湯の雰囲気が抜群で、うえの湯はいささか趣に欠けるところがありましたが、おくの湯は、木を使って落ち着いた感じの造りになってました。


今朝は雪で、宿から見る景色も雪国らしいものに。


2016新春温泉紀行 その2・栃尾又温泉


したの湯にのんびり浸かったあと、露天風呂で雪見をして、遅めの朝食と、ゆっくり過ごして満足しました。

2016新春温泉紀行 その2・栃尾又温泉


帰りの路線バスは、宿泊客が10人ほど乗っていたのは何よりで、小出に着いたのは11時前。

昼食は小千谷に寄り道し、駅前の「和田」でへぎそばをいただきました。
これも最近、栃尾又温泉とセットで定番化しています。


さて、帰路はJR東日本の路線に長く乗って三連休乗車券を有効に活用しようと、越後川口から飯山線に入り、飯山で新幹線に乗り継ぎ。


駅は新幹線開業に伴い移転しているので、乗り継ぎの間に巨大な新駅を眺めつつ、旧駅付近まで散策。
旧駅舎などはすでになく、周辺の様子から、見る人が見ればここに駅があったんだなと言いうことが分かる程度。
かつて、ホームにあった鐘は、新旧駅の中間辺りに移設されていました。


歩いているとかなり寒いものの、雪はほとんどなく、今回の旅を通して、やはり暖冬だということを認識した感じです。


飯山から1駅、長野まで混雑する「はくたか」に乗って、「しなの」で名古屋へ。
移動距離が長い割にはのんびりできた、いい旅となりました。

« 2016新春温泉紀行 その1・鉛温泉 | トップページ | 山梨ワイン呑み呑みツアー 1日目 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/63419354

この記事へのトラックバック一覧です: 2016新春温泉紀行 その2・栃尾又温泉:

« 2016新春温泉紀行 その1・鉛温泉 | トップページ | 山梨ワイン呑み呑みツアー 1日目 »