サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« GW旅第1弾は北陸へ 1日目 | トップページ | 富山、宇奈月からトロッコ列車口開け・北陸GW旅2日目後半から3日目前半 »

2016年4月30日 (土)

北陸GW旅2日目はバスで県境越え&花嫁のれん

今朝は氷見からバスを乗り継ぎ、七尾を目指しました。

まずはホテルから10分ほど歩いたところにある北大町停留所から、脇ゆきの加越能バスに乗車。

市街地と反対の方向へ行くバスだし、乗客は誰もいないかなと思いきや、10人くらい乗っていたのにはびっくり。
途中で少しずつ降りていきましたが、終点脇まで乗ったのも私以外に1人いました。

脇で乗り継いだ北鉄能登バスも、脇発車時点では私だけだったものの、途中で乗降があって、七尾まで乗ったのは数人。
乗客がそこそこいると安心します。


さて、バスの乗り継ぎ地である脇では1時間の待ち時間。
もう少し接続を考えたダイヤづくりをして欲しいと思いつつ、海沿いの国道160年号線を軸に、集落をぶらぶら。
県境の標識を見ながら石川県側も少し歩いて、それなりに充実したひとときにはなりました。

北陸GW旅2日目はバスで県境越え&花嫁のれん


七尾から1駅、のと鉄道のディーゼルカーに揺られて和倉温泉で降り、バスに乗り継いで和倉温泉街へ。

和倉温泉は十数年ぶりで、せっかくなのでひと浴びしようと総湯へ向かえば、かなり大きく立派な建物。
前に来たときの記憶はもっとこじんまりした建物だったのに、随分様変わりしていました。

北陸GW旅2日目はバスで県境越え&花嫁のれん


さっぱりして和倉温泉駅に戻って乗ったのは、昨秋デビューした特急「花嫁のれん」。
気になっていた列車ではあるので、何度か空席検索して空きを見つけ、今日の2号の指定券を確保しました。

北陸GW旅2日目はバスで県境越え&花嫁のれん



金箔や輪島塗、加賀友禅などをイメージしたなかなか豪華な外装&内装で、種車がローカル列車用のキハ48系とは思えません。
デッキには伝統工芸品を展示したショーケースもあって、見たり乗ったりして楽しめる列車だと思いました。

北陸GW旅2日目はバスで県境越え&花嫁のれん



ただ、あくまで個人的な感覚ですが、1人で乗るよりは複数で乗るのに向いている感じはします。
趣味人も何人かで乗っていたようで、私のように1人で乗ってる人がほとんどいなかったように見受けられました。
これは結構珍しく、この列車の性格を物語っているような気もします。


花嫁のれんは、旧加賀藩の伝統文化で、嫁入り道具のひとつ。
女性、ひいては乗客の幸せを願う気持ちが込められているそうで、縁起のいい列車ではあるんでしょうが、やはり男だけで乗るのはちょっと場違い感がありまして…。

まあ、乗車記念証ももらえるし、車内改札のスタンプも特製と、趣味的にも面白い側面があるので一概には言えませんが。

北陸GW旅2日目はバスで県境越え&花嫁のれん


と、2日目の旅はこんな感じでした。

« GW旅第1弾は北陸へ 1日目 | トップページ | 富山、宇奈月からトロッコ列車口開け・北陸GW旅2日目後半から3日目前半 »

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/65248043

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸GW旅2日目はバスで県境越え&花嫁のれん:

« GW旅第1弾は北陸へ 1日目 | トップページ | 富山、宇奈月からトロッコ列車口開け・北陸GW旅2日目後半から3日目前半 »