サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北陸GW旅2日目はバスで県境越え&花嫁のれん | トップページ | GW最初の旅の締めは「べるもんた」 »

2016年5月 1日 (日)

富山、宇奈月からトロッコ列車口開け・北陸GW旅2日目後半から3日目前半

昨日の午後、「花嫁のれん2号」で金沢に着いた後は富山へ。

富山、宇奈月からトロッコ列車口開け・北陸GW旅2日目後半から3日目前半

時間があるときは必ず立ち寄る「西町大喜 富山駅前店」でブラックラーメンを食べた後、今夜の宿泊先である宇奈月温泉へ移動しましたが、北陸おでかけパスを活用するために、黒部まであいの風とやま鉄道に乗り、電鉄黒部まで歩いて富山地鉄に乗る、というコースを選択。
黒部から電鉄黒部までは、北陸新幹線開業前に一度歩いており、勝手はわかっています。

ところが黒部に降りれば、ちょうど黒部宇奈月温泉駅ゆきの地鉄バスが出るところだったので、予定変更して乗って見ることに。

黒部宇奈月温泉駅まで20分弱。
ダイヤに余裕があるのか、途中までは随分ゆっくり走っており、今後需要を見ながら調整するのでしょうか。
ちなみに乗客は2人。


黒部宇奈月温泉駅見学は明日に回し、地鉄の新黒部から宇奈月温泉へ。
窓口営業時間の17時30分に何とか間に合ったので、宇奈月温泉までの往復割引きっぷをゲットできました。
通常往復1,260円のところが1,100円になっています。


宇奈月温泉の宿は「サン柳亭」。
素泊まりの予約なので、チェックイン後、夕食をとるために街へ出ました。

宇奈月には何度か来ており、13年ほど前に一度泊まっていますが、乗り継ぐだけのことが大半で、宿泊も駅前の宿だったため、温泉街をしっかり歩くのは初めてです。


まず、宿へ行くときに気になっていた「総湯」へ。
「湯めどころ宇奈月」という愛称がついた新しい建物で、入ってみれば4月27日にオープンしたばかりの由。
新しい施設は快適で、泊まり客も多く来ていました。

富山、宇奈月からトロッコ列車口開け・北陸GW旅2日目後半から3日目前半


夕食は宿でも薦められ、自分でもここかなと当たりをつけていた「わらびや」で。
観光客と地元の人で賑わっていましたが、何とか座れました。
白エビの素揚げや手打ちのそばはじめ、料理は美味しくかつ値段も手頃で満足。

富山、宇奈月からトロッコ列車口開け・北陸GW旅2日目後半から3日目前半


宿に戻って、まずは温泉へ。
まだ大半の宿泊客は夕食中のようで、広い大浴場を独り占めできました。
まろやかなお湯は気持ちよく、朝湯も含めて堪能したのはいつもの流れです。
宿の建物は年期が入っていたものの、泊まる分には大して不便を感じませんでした。


今朝は早起きして、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車に乗車。
今年は雪が少なかったようで、欅平までの開通が当初の5月10日から繰り上がり、今日になっています。

富山、宇奈月からトロッコ列車口開け・北陸GW旅2日目後半から3日目前半

一番列車に乗ったので、今シーズン、欅平までの口開けの乗客のひとりになることができました。
さすがに早朝なので団体客がなく、往復ともすいていましたが、復路ですれ違う列車はいずれも満員の盛況。
寒いかと思って行きはリラックス車両、帰りは特別車両と、窓つきを選択したものの、さほどではありませんでした。


欅平は過去2度ほど来ていますが、いずれもすぐ折り返しているので、今日は1本後の列車で折り返すことにして、持ち時間50分で周辺を散策。
まだ川原展望台と人喰岩までしか行けませんでしたが、天気雨の中でも寒さはなく、気持ちよく歩けました。


富山、宇奈月からトロッコ列車口開け・北陸GW旅2日目後半から3日目前半


また季節を変えて、のんびり来たいと思います。

« 北陸GW旅2日目はバスで県境越え&花嫁のれん | トップページ | GW最初の旅の締めは「べるもんた」 »

鉄道の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/65256843

この記事へのトラックバック一覧です: 富山、宇奈月からトロッコ列車口開け・北陸GW旅2日目後半から3日目前半:

« 北陸GW旅2日目はバスで県境越え&花嫁のれん | トップページ | GW最初の旅の締めは「べるもんた」 »