サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年夏・屋久島 その1:志戸子ガジュマルと永田浜のウミガメ | トップページ | 2016年夏・屋久島 その3:楠川温泉・紀元杉・屋久杉自然館 »

2016年7月13日 (水)

2016年夏・屋久島 その2:トローキの滝・大川の滝・屋久島温泉

今日は島を一周近くぐるりと巡るバス旅。

まずは永田から1時間半、鯛ノ川で降りて未訪のトローキの滝へ。

20160713_113200_3

2016年夏・屋久島 ~その2~トローキの滝・大川の滝・屋久島温泉

滝が海へ注ぐという珍しい滝とのことで、遠くからしか見られないものの、美しい風景が見られて満足です。

バス停向かいの「ぽん・たん館」でたんかんアイスを食してバスを待ち、昼食を目論む場所へ移動。

去年も一昨年も行った「そば屋」は、矢石バス停から歩いて3分くらいのところにあり、十勝産のそば粉を使ったうまいそばを出す店で、気に入っていました。

楽しみにして店に着くと、こはいかに。看板もなく、営業している気配がありません。
検索してみれば、今年4月の始めで閉店した由。
流行っていたので油断していました。とっても残念。


尾之間方面へ歩いて戻り、2軒ほど喫茶店の類を見つけたものの、いずれも定休日。
結局そば屋跡から40分近く歩いて、「パン・ド・シュクル」へ。

20160713_130709

おいしいパン屋さんとして定評があるらしく、気になっていた店ではあり、今回の旅で寄れたらと思っていたので、この際、もう目指すはここしかありませんでした。

2016年夏・屋久島 ~その2~トローキの滝・大川の滝・屋久島温泉

パンをいくつか買い、店の外にあったテーブルセットに座を占めて、昼食。評判どおりのおいしさでした。
(店のそばに2軒も営業中のレストラン、喫茶店があったのは何とも、という感じではありました。バスの時間に余裕があれば、パンは持ち帰りにしたでしょうが…。)


次は大川の滝へ。

20160713_145114


ここも過去2年続けて行ったところですが、今年の目的は岩伝いに滝壺へ近づくこと。
一昨年は雨が強くて近づけず、昨年は縄文杉ハイクの翌日だったため、好天だったものの足が痛くて岩の上を歩けませんでした。

2016年夏・屋久島 ~その2~トローキの滝・大川の滝・屋久島温泉

2016年夏・屋久島 ~その2~トローキの滝・大川の滝・屋久島温泉

風が強めだったものの、何とか目的を果たせました。
やはり、間近で見ると迫力があります。


今日の締めは屋久島温泉。
JRホテル屋久島にある温泉で、15時から18時までは日帰り入浴が可能です。

2016年夏・屋久島 ~その2~トローキの滝・大川の滝・屋久島温泉


かつてこの場所には国民宿舎があり、屋久島温泉を名乗っていたものの、近くの尾之間温泉から引き湯していたという知識があったので、JRホテルも同じかと思っていました。

今回の旅にあたって調べてみたら、JRホテル建設時に掘削してみたら新たな源泉を掘り当てた由。
それならと寄ってみれば、とろみのある温泉で、循環消毒してあるようですがあまり感じることもなく、気持ちよく浴びて1湯増殖。

20160713_160655


JRホテル、一度は泊まってみたいとは思うものの、屋久島は安価で良い宿が多く、一人旅だとどうしても気軽な方を選んでしまいます。

ちなみに、泉質は尾之間温泉と同じかと思いますが、あちらは熱すぎて入れなかったので、入りやすいことは確かです。
ただし、入浴料はJRホテル1,400円に対し、尾之間の外湯は確か200円と、かなりの差ですが。

今夜は宮之浦に泊まります。

« 2016年夏・屋久島 その1:志戸子ガジュマルと永田浜のウミガメ | トップページ | 2016年夏・屋久島 その3:楠川温泉・紀元杉・屋久杉自然館 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20855/66491988

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年夏・屋久島 その2:トローキの滝・大川の滝・屋久島温泉:

« 2016年夏・屋久島 その1:志戸子ガジュマルと永田浜のウミガメ | トップページ | 2016年夏・屋久島 その3:楠川温泉・紀元杉・屋久杉自然館 »