サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「スポーツ」の記事

2008年8月10日 (日)

この一球に、かける夏

この一球に、かける夏
この一球に、かける夏
この一球に、かける夏
暑い中、甲子園で高校野球観戦。

試合も熱く、第一試合、第二試合とも延長戦に。

第一試合は、宮崎商が力尽きた感じで鹿児島実業に敗れ、第二試合は、地元報徳学園が粘る智弁学園にサヨナラ勝ち。

熱く、暑い夏は、まだまだ続きます。

2008年7月21日 (月)

高校野球京都大会 準決勝

高校野球京都大会 準決勝
高校野球京都大会 準決勝
高校野球京都大会 準決勝
西京極球場で観戦中。

第一試合は2時間50分の熱戦の末、立命館宇治が龍谷大平安に5−4で勝利。

選手も応援団も観客も、暑さとも戦っています。


本当は第二試合も観るつもりが、あまりの暑さ&太陽光線の前に敗北し、退散してしまいました・・・。

2008年3月 9日 (日)

2008 名古屋国際女子マラソン

名古屋国際女子マラソンが今日行われ、初マラソンの中村友梨香が優勝した。

有力選手がひしめく中、かなりのスローペースで始まった前半であったが、中間点から30キロ過ぎまでの勝負はなかなか見応えがあった。32キロ付近からトップにたった中村の走りは見事で、前半もう少しペースが速かったら、もっといい記録が出ただろうと思う。


さて、最も注目された高橋尚子はまさかの9キロ過ぎの脱落、完走できるかどうか心配な状態だったが、完走して27位となった。

僕自身、高橋と同じ1972年生まれであること(高橋は5月、僕は3月)、隣県の岐阜県出身であることもあって、ずっと応援してきた。

「年齢による限界説」などがささやかれると、何だか自分の世代がそう思われているような気がして、反発を覚えたものである。

今回も、高橋尚子なら優勝できるのではないかと期待していたが、まさかの序盤での失速であり、きわめて残念な結果となってしまった。しかし、それでも完走した姿は、「あきらめなければ夢はかなう」ということを示すことはできなかったが、「あきらめずにやり遂げる」大事さを伝えたように思う。


レース後の会見では、「これが今の実力」と認めた上で、昨年8月に右ひざの半月版切除手術をしたことを明かした。

やはり、手術後7か月でレースに臨むというのは、常識的には時間が足りないということであろうし、かつての師である小出義雄が、直前の調整の失敗ではないかと分析していたように、レース前にすでに勝ち目はなかったのかもしれない。

そんな状態でも、完走して倒れ込むこともなく、レース後は明るい表情を見せ続けたことに、高橋の人としての強さを感じる。

マラソンには、背後にいろいろなドラマがあるものだ、とつくづく思う。


高橋が口にする「夢はかなう」。

最近は、その前に「あきらめなければ」という言葉がつくようになったが、それは、自分自身にも向けられていた言葉だったのだと分かった。

そして、同じ「夢はかなう」でも、かつての「夢はかなう」と、現在の「あきらめなければ夢はかなう」には、この間に苦難を重ねたことによる違いがあることを改めて知った。

「まだやりたいことがある」と言う高橋。それが何であるのかは分からないが、変わらぬ声援を送り続けたいと思う。

2007年8月19日 (日)

夏の風物詩

甲子園球場で高校野球を観てきました。

夏の風物詩

かつては、陽のあたるところで平気で観てましたが、最近はつらくなってきたので、今日も一塁側の大鉄傘の下に陣取っていました。

陽射しも強く、暑い中プレーし、応援する高校生たちにはすごいなあ、などと思ってしまいます・・・。

夏の風物詩

夏の風物詩

今日は準々決勝2試合。

第1試合の佐賀北ー帝京は、互いに一歩も譲らぬ好勝負。

帝京のセカンドが二塁ベース寄りのゴロをキャッチ、すかさずショートへトスし、ショートがファーストへ送球してアウト(セカンドが自分でファーストへ送球してたらおそらくセーフ)という、ドラゴンズの荒木・井端ばりの好プレーを見せれば、佐賀北のセンターは大飛球を好捕など、双方とも堅い守備とピッチャーの頑張りで再三のピンチをしのぎます。

スクイズも帝京が2回、佐賀北が1回試みたものの、帝京はピッチャーの好守備に阻まれ、佐賀北は空振りして失敗と、思わず肩に力の入る展開でした。

結局、延長13回に佐賀北が2死走者なしからの3連打で4-3のサヨナラ勝ち。

やっぱりこの組み合わせだと佐賀北のほうにみんな肩入れしたくなるようで、観客の大多数が佐賀北のチャンスに歓声を送り、チャンスが潰えるとため息という感じでした。

サヨナラの瞬間は大歓声と拍手に包まれ、最後は両チームに暖かい拍手が送られました。

こんないい試合を見ることができたのは、とてもラッキーでした。

夏の風物詩

第2試合は、今治西-広陵という、しまなみ街道でつながる隣県対決。

こちらは、広陵がそつのない攻撃を見せ、7-1で快勝でした。

(写真は、試合終了後校歌を歌う広陵の選手たちと、1塁側ベンチ前で整列する今治北の選手たち)



高校野球も残すところあと3日。これが終わると、「夏ももうすぐ終りか・・・」という気分になります。

2007年7月28日 (土)

高校野球滋賀県大会決勝 北大津vs近江

滋賀県出身でもないのに、皇子山球場へやってきました。
高校野球滋賀県大会決勝  北大津vs近江

公立高校出身の身としては、うちわまでもらって県立の北大津を応援したんですが・・・(近江は私立)

高校野球滋賀県大会決勝  北大津vs近江

4回に10点取られて勝負あり。

甲子園で準優勝経験を持つ近江が、12-3の大差で今年のセンバツ出場校である北大津を破りました。
まあ、9回に一矢報いたのがせめてもの救いです。

高校野球滋賀県大会決勝  北大津vs近江

↓勝利後、校歌を歌う近江の選手たち

高校野球滋賀県大会決勝  北大津vs近江

梅雨も明けたようだし、夏本番を実感したひとときでした。

2007年1月28日 (日)

キロロ最終日

キロロ最終日

とりあえず今日で滑り納め。
筋肉痛と格闘しながら滑っています…。

今日の山の上からの景色はこんな風です。

2007年1月27日 (土)

キロロ2日目

土曜日で人も増えています。

ふもとの風景&頂上からの眺めは、こんな感じです。

キロロ2日目

キロロ2日目

2007年1月26日 (金)

ナイタースキー中

北海道のキロロスキー場へ来ています。

久々に体を動かし、いい気分に浸っていますが、早くもへばり気味。
日曜日まで滑るので、今日は足慣らしのつもりが、ついつい熱が入ってしまいました…。

ナイタースキー中

2006年7月31日 (月)

高校野球愛知県大会 決勝

高校野球愛知県大会  決勝

平日にもかかわらず、2万数千人(予想)の大観衆。

個人的には愛産大三河を応援していたんですが、やっぱり愛工大名電が貫録勝ち、という結果に。

高校野球の話題がたけなわになると、いよいよ夏本番、という気がします。

来週は甲子園にも行く予定。

2006年6月13日 (火)

W杯、日本黒星スタート

毎度おなじみの「決定力不足」と「終盤の失点」での敗北、という印象。

パスミスも多いし、何であそこでシュートを打たないんだ、というシーンもあったし。

これじゃあ勝てるわけありませんわなあ。

2点目をとられたとき、イレブンが呆然としているように見えたが、あそこは素人が言うまでもなく、同点に追いつくべく切り替えをすべきところ。

その隙に、敗戦を決定付ける3点目を取られたわけで。

こんな調子じゃあ、3戦全敗で終わりそうである。

より以前の記事一覧