サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「文化・芸術」の記事

2016年3月27日 (日)

ローカル鉄道演劇「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン-spring version-」

ローカル鉄道演劇「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン-spring version-」

今日は久しぶりに観劇。
舞台はひたちなか海浜鉄道で、昨秋の「ことでんスリーナイン」に続いて、シアターキューブリックのローカル鉄道演劇です。

昨夜の「ムーンライトながら」で旅立ち、ひたちなか海浜鉄道の始発である勝田へ向かう前に、水郡線で常陸太田へ。


4年前に友人のお祝い事でここに来るはずが、荒天で常磐線のダイヤが乱れてたどり着けなかったので、リベンジ。

前回来たのは四半世紀前の学生時代で、そのときは今はなき日立電鉄に乗り継いでいますが、常陸太田駅周辺は様変わり。
日立電鉄の常北太田駅跡と思われるところは、ドラッグストアになっていて、全く面影はありませんでした。


さて、寄り道後勝田へ向かい、この演劇を紹介してくれた年下の友と合流。
会うのは十数年ぶり、もっとかもしれず、顔が分からなかったらどうしようかと思いましたが、ちゃんと分かるものでひと安心。


演劇は往路の阿字ヶ浦までが前編、まち歩きを挟んで復路が後編。
ことでんは貸切列車を仕立てましたが、こちらは定期列車に増結し、貸切車両にしています。

ローカル鉄道演劇「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン-spring version-」


阿字ヶ浦の街歩きは、もらった地図をもとに自分の足で。
(ガイドつきツアーもありましたが、行きたいところがあったのでフリーを選択。)

3月下旬にしては寒く、降りたひとときだけ雨がぱらついた中を海岸まで下り、未訪の阿字ヶ浦温泉でひと浴び。
ちなみに友人は列車に乗りたいとのことで一旦お別れです。

ローカル鉄道演劇「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン-spring version-」

なかなか成分の濃いお湯で、上がったあともかなり暖かく、汗が出るほど。
意外と(と言っては失礼だけど)いい湯でした。


ここで昼食を済ませ、駅まで戻りつつ、街歩き。
阿字ヶ浦は何度か来ていますが、周辺を散策したのは初めてで、結構史跡や海の見えるポイントがあって、面白かったです。
やはり街歩きは楽しい!

ローカル鉄道演劇「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン-spring version-」


車内で繰り広げられる演劇は、演者との距離が近く、やはり臨場感、迫力といったものを感じます。
初めて知ったのは、車窓に海が見えるところが2か所あること。
何度かこの線には乗っているのに、海は見えないと思い込んでいました…。
あるいは、見てはいたけど意識がなかっただけかもしれませんが。


驚いたのは、途中駅で貸切車両に一般のお客さんが間違って乗ってきたこと。
最初は演者が乗ってきたと思ったんですが、こんなこともあるんですねえ。
発車前にスタッフさんが一般車両に案内して落着しましたが、動いてる列車ゆえ、ハプニングへの備えもせねばならないので運営も大変です。


今回の演劇も楽しく、かつ心に残るものでした。
次はどこの鉄道が舞台になるか、楽しみです。


帰りの電車の中では、阿字ヶ浦駅で買った公式スイーツ、バウンドケーキを。
さつまいもがベースで甘すぎず、おいしくいただきました。

ローカル鉄道演劇「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン-spring version-」

2015年9月22日 (火)

ローカル鉄道演劇「ことでんスリーナイン」

シルバーウィーク前半、おととい20日から、昨日21日にかけては、このところ秋の恒例となっている、岐阜県山県市の「グリーンプラザみやま」でキャンプ。

昼から飲んで、バーベキュー用の炭を起こしたり具材を焼いたり、色んな人と話したりと、楽しく過ごしました。
(かなり酔いがまわって、夜は10時過ぎに眠りについてしまったけど。)


昨日は昼過ぎに一旦自宅へ帰って、今度は西へ。
名古屋から近鉄アーバンライナーで難波へ向かい、まずは当地在住の友人と串焼肉の店と串カツの店をはしご。

2件とも大阪らしい雰囲気で、ほろ酔い気分で気分は上々となったところで神戸へ移動。


日付変わって今日の0時45分、神戸三宮フェリーターミナルから、初乗りのジャンボフェリー深夜便で高松を目指しました。
さすがに連休中とあって、港への連絡バスも含めてかなりの混雑だったものの、乗船早々に桟敷に座を占め、出航前に眠りにつきと、どうにか順調にこなせました。


前置きが長くなりましたが、高松へ来たのは、表題の演劇を観るため。
年下の友人が、私が芝居好きと知って教えてくれたもので、ひとくちに言えば、舞台も客席も動く列車の中という、ユニークな芝居です。


ローカル鉄道演劇「ことでんスリーナイン」


舞台は琴電琴平線の仏生山~滝宮。

仏生山からの往路が第1幕、滝宮からの復路が第2幕で、滝宮では2時間の街歩きの時間があり、物語のサイドストーリーをガイドつきで巡ることができる、という趣向。
街歩きは、ポイントを記した地図がもらえ、ガイドなしでマイペースで歩くこともできるので、私はこちらを選択。

マイペースを選んだわけは、行きたい讃岐うどんの店があったからです。

その店、滝宮駅から徒歩圏内にあるうどん店「松岡」は、10時頃に行ったらもう十数人の行列。
でも回転は早く、程なく席にありつけ、かけうどんと鶏の天ぷらなどを注文。
しっかりしたうどんと、磯の香りを感じるダシ、いずれも文句なしの味でした。


ローカル鉄道演劇「ことでんスリーナイン」


あとは地図に記された物語のポイントを巡りながら、滝宮の街歩き。
滝宮は、風格のある神社と天満宮があるなど、なかなか趣のある街で、やはり街を歩くと何か発見があります。

滝宮駅舎も築90年の味のあるもので、近代化産業遺産に登録されているのも納得の存在感。

ローカル鉄道演劇「ことでんスリーナイン」


あと、特筆すべきは駅近くの和菓子店「ほくろ屋」で売ってる「ぷりんどら焼き」。
往路の舞台のセリフに出てきたので、ついつい買ってしまいましたが、これは私的にはヒット商品でした。


ローカル鉄道演劇「ことでんスリーナイン」


さて、舞台と客席になってる電車は旧型車両で、釣掛モーターの音がいいアクセントに。

ローカル鉄道演劇「ことでんスリーナイン」


物語は、車窓の風景、停まる駅に合わせて進み、自席の真横に演者が座ったり、目の前で芝居が繰り広げられたりと、臨場感にあふれ、観てる方も結構ドキドキします。

演者の皆さんもとても魅力的。
オオゼキタクさんのギターが奏でるBGMもよく合って、予備知識ゼロでも全く問題なく楽しめ、あっという間に時が過ぎました。


昨年は樽見鉄道が舞台だったそうで、知ってたら行ってたのに残念。
琴電の舞台は明日までで、11月はひたちなか海浜鉄道が舞台になります。


鉄道演劇はちょっとハマりそうで、シアターキューブリックの他の活動ともども、注目したいと思います。

2015年2月 8日 (日)

改組 新 第1回 日展東海展

改組 新 第1回 日展東海展

今日、所用で栄に行ったついでに観てきました。

昨年、選考をめぐる不祥事があった関係で回数がリセットされていますが、展示内容はこれまでと変わりません。


私的な楽しみのひとつは、ほぼ毎年入選してくる、鉄道を素材とした絵画を観ること。

今年は堀割を走る線路の風景、雪のローカル線の駅から線路が分岐してゆく風景、名古屋駅や関西線の駅とおぼしきひとコマ、といったものを描いた作品があって上々。


また、雪の金閣寺や函館、北の岬を描いた作品もあり、鉄道の風景と合わせ、しばし、実際にその場に立っているかのような雰囲気を感じることができました。



雪の風景などを観ていると、旅立ちたくなります…。

2014年12月 6日 (土)

吉良ですが、なにか?

吉良ですが、なにか?


午後は下北沢の本多劇場で観劇。

タイトルと、三谷幸喜脚本、そして伊東四朗生誕?!77周年記念という副題で、これは絶対面白いと直感して観に行った次第。


下北沢で降りたのも、本多劇場も初。
下北沢は狭い路地に人や店が多く、小劇場もいくつかある、なかなか面白い場所。

本多劇場も小規模で、舞台と客席の距離が近く、演者を身近に感じることができる、いい劇場だと思いました。


吉良ですが、なにか?


さて内容ですが、モチーフは忠臣蔵にあり、伊東四朗が吉良上野介を演じています。

設定や話の展開はコメディで、キャストが豪華かつ全員はまり役でとにかく面白く、ラストは「そう来たか」という、納得のオチ。



カーテンコールでは伊東四朗が前日の観客のアンケートをいくつか紹介しながら話し、ちょっとしたトークショー。

アンケートに書かれた内容も面白いですが、伊東四朗の話しぶりもさすがで、最後まで楽しめた舞台でした。

なお、本人いわく、千秋楽は赤穂浪士討ち入りの日である12月14日ですが、この日は総選挙。そして開幕の日は解散の日という、「覚えやすい日程になりました」とのこと。


ちなみに協賛は伊東四朗がCMに出てるヤクルトと白子のりですが、そのせいかエコバッグはくれるし、帰りにはタフマン1本サービスされるしと、こちらも豪華でした。

吉良ですが、なにか?

石川文洋写真展「ベトナム戦争と沖縄の基地」

石川文洋写真展「ベトナム戦争と沖縄の基地」


今日は東京で観劇のため上京。

その前に横浜の日本新聞博物館に寄って、タイトルの写真展を観てきました。


戦場となったベトナムで、兵士、負傷した市民、足を失った子ども、後遺症や不発弾に苦しむ人たちを捉えた写真は、戦争とは何かを静かに訴えます。


そしてベトナム戦争の米軍出撃地となった沖縄。
基地や町、それを取り巻く人々の姿は、現在の沖縄が抱える問題を浮き彫りにしています。


キャプションの中にあった印象的なフレーズ、それは、

「政治家は常に安全な場所にいる」


まさに、ペラペラと内容のないことを語り、やるべきことは何一つやらず、やってはいけないことだけを独善的に進める、人の痛みがを分かろうともしないこの国の宰相そのもの。


総選挙を控えた今、写真展のテーマは、改めてこの国の未来について考えさせられるものになりました。

2014年11月16日 (日)

歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」

歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」



今日の昼間は歌舞伎見物。


2日前に残席を見たら、前から3列目、かつ花道に近い席が空いていたので、買ってしまいました。

良席と言われるのはいわゆる「とちり」の列、7~9列目ですが、前の方も役者が間近で観られ、迫力があります。


歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」


この顔見世は、松本幸四郎、中村吉右衛門の父、初世松本白鸚の33回追善と銘打っており、子の幸四郎、吉右衛門、孫の染五郎、ひ孫の金太郎(夜の部のみ)が出ています。


歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」


昼の部は「寿式三番叟」で幕開け。
縁起物の舞踊で、鈴を鳴らし、舞台を踏み鳴らして、染五郎と尾上松緑の2人で舞い上げた三番叟。
美しさと迫力を感じました。


2つめは「井伊大老」。
井伊暗殺の4月前、前日、当日を描いた作品ですが、戦後の脚本によるものなので、台詞回しは現代劇に近く、長廻しもあります。

井伊を演じたのは吉右衛門で、貫禄あり、華もありと、圧倒的な存在感で、さすがの舞台でした。


締めは有名な「熊谷陣屋」。
こちらは古典ゆえ、一般的な歌舞伎のイメージである独特の節回しで台詞が語られます。

幸四郎が熊谷直実、尾上菊五郎が義経を演じるなど、豪華な配役。
豪華な布陣にふさわしい華もあり、重みもありと、充実の内容でした。


名作は時代を超えて人の心を打つものと、改めて感じた次第です。




P.S.幕間には名物「歌舞伎座アイスもなか」を。
皮には隈取りの模様が刻まれています。

歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」

2014年11月15日 (土)

紫式部ダイアリー

紫式部ダイアリー


今夜は久々の観劇。
渋谷のPARCO劇場で「紫式部ダイアリー」を観ました。


今回の上京は、もともとこの芝居のチケットがとれたことから予定したものです。

三谷幸喜脚本で、斉藤由貴と長澤まさみの2人芝居という、観る前から楽しみな陣容。
(斉藤由貴は、私がたぶん最初に好きになったアイドルかもしれません。まあ、どうでもいいですが。)


斉藤由貴が清少納言を、長澤まさみが紫式部を演じますが、時代は平安時代ではなく、名前と設定だけは残して、女性作家2人の現代劇になっています。


2人の掛け合いは、時に激しくぶつかり、時に笑いを呼び、時にスリリングにと、見応えがあり、あっという間の1時間45分でした。
やはり三谷幸喜脚本は面白い。


斉藤由貴の舞台は「レ・ミゼラブル」や「君となら」で観たことがありますが、長澤まさみは初見。

ゆえに、長澤まさみの出来に注目していましたが、予想以上に良く、声も通るし、結構舞台向きかもしれません。
それを斉藤由貴が受け止めて渡り合い、いい舞台になっていたように思います。


↓公演のパンフ。なかなかシックな作り。
紫式部ダイアリー

江戸東京博物館特別展「東京オリンピックと新幹線」

江戸東京博物館特別展「東京オリンピックと新幹線」


今週末は東京へ。

実は上京は今週2回目です。
1回目については改めてしっかり書くつもりですが、予期しなかったもの。
今回はもともと予定していたものですが、行程は大幅に変わりました。


午前の東海道新幹線は、狼藉者の影響でダイヤが乱れており、私の乗ったのぞみ6号も、名古屋発は定刻だったものの、新横浜の手前から遅れ出し、東京着は20分延。


最初の目的地は江戸東京博物館。
明日16日までの特別展「東京オリンピックと新幹線」を観るためです。

江戸東京博物館特別展「東京オリンピックと新幹線」


まず、メインテーマの新幹線関係、オリンピック関係とも充実した展示。
(個人的に目を引いたのは、1940年の「幻の東京オリンピック」開催決定・中止を伝える号外)


加えて、前史的に終戦から高度成長期を紹介する展示は、日本国憲法公布の官報号外やカストリ雑誌始め、当時の社会の様相がよく伝わって来るもの。


また、東京パラリンピックについてもきちんと紹介されており、全体を通して、企画した側の見識を感じました。



常設展示室では、「モダン都市銀座の記憶」と題した企画展が開催中だったので、こちらものぞいてみました。

江戸東京博物館特別展「東京オリンピックと新幹線」

写真家・師岡宏次が戦前から50年にわたって撮った写真を中心に、銀座の変容をたどる内容で、とりわけ戦前から戦後間もない頃までの写真は興味深く観ました。


この企画展は11月30日までです。

2014年10月13日 (月)

ディスカバー、ディスカバー・ジャパン 「遠く」へ行きたい

昨日は八戸から郡山へ南下し、磐越東線のいわきゆき最終に乗っていわき泊。

今日の当初の予定は、午前は今春運行を再開した常磐線広野以北に乗って、木戸・竜田で下車、午後は東京からE7系あさまと、しなのの乗り継ぎで21時過ぎに名古屋へ帰着というもの。

しかし台風19号の接近で予定を再考せざるを得ず、すべて取り止めることに。
後日を期すことにしました。


ということで、いわきを8時過ぎに出るスーパーひたちで上野へ出て、東京へ。

このまま帰るのも癪なので、気になっていた東京ステーションギャラリーの展示「ディスカバー、ディスカバー・ジャパン 『遠く』へ行きたい」を鑑賞しました。

ディスカバー、ディスカバー・ジャパン 「遠く」へ行きたい


大阪万博後の国鉄のキャンペーン「ディスカバー・ジャパン」。

展示してあるポスターや映像、記念スタンプなどからは、ミニ周遊券、ルート周遊券、お寺の宿などなど、懐かしいことばも見え、まさに古き良き時代を感じます。

また、「遠くへ行きたい」の第1回の映像を始めとするダイジェスト版、伊那谷の集落を訪ねた回の映像と、2本が上映されていましたが、今ではまず作れないだろう、という内容。
単なる旅番組ではない、強烈なメッセージを感じました。

テーマ曲は、ジェリー藤尾が歌ってると思ってたんですが、第1回はデューク・エイセス。
あとは、永六輔、六文銭、小林旭の歌によるものが流れていました。
これは私にとっては新たな発見。


期待以上に満足度の高い展示でした。
ぜひ、ご覧になることを勧めます。

ディスカバー、ディスカバー・ジャパン 「遠く」へ行きたい


このあと、東京13時20分発ののぞみに乗って名古屋へ、名古屋から在来線と名鉄を乗り継いで無事帰宅。

まだ風雨が強くないうちに帰宅できてほっと一息ですが、連休中ゆえ色々なところに影響が出ている様子。
せめて、人的、物的被害が少ないことを願います…。

2014年9月 6日 (土)

NIPPONパノラマ大紀行

NIPPONパノラマ大紀行


名古屋市博物館で開催中の、表題の展覧会を観てきました。


大正から昭和初期の全国各地のガイドブック的な鳥瞰図やポスターが集まって、なかなか面白い企画。


富士山や伊勢神宮、比叡山、別府といったメジャーどころだけでなく、父方の在所である大牟田や、飯塚という炭鉱街や、昭和三陸津波後の志津川町のものもありました。

NIPPONパノラマ大紀行


NIPPONパノラマ大紀行


さて、この展覧会、テツな人たちの入場がとっても多いそうです。

鳥瞰図はハンドサイズで、展示品はガラスケースに入ってるので、この種の人の習性として細かい字を読もうとしてケースにかぶりつく勢いだとか。

まあ、気持ちはよく分かりますが(笑)

で、図録のDVDがよく売れているそうです。
これならパソコンで拡大でき、小さな字も見えるということですね。(会場で実際に試し見が可能)

今月15日までなので、気になる方はぜひどうぞ。

http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji140726.html

なお、常設展では、伊勢湾台風から55年を迎えることにちなんで、「伊勢湾台風55年 白水小学校の記録から」と題し、当時の小学生が書いた作文や絵の一部が公開されています。

NIPPONパノラマ大紀行

こちらは今月28日まで。子どもが感じた台風というものがストレートに伝わってきます。


・・・白水小学校は私の母校です。
でも、在学時はこのような作文や絵があることも知らず、台風について学校で教わることもありませんでした。

思うに、私の親世代は伊勢湾台風の直接の体験者なので、改めて学校で取り上げる必要性を感じなかったのかもしれません。

現在は、授業の中で、体験者が児童に当時のことを語る機会を設けているそうです。

より以前の記事一覧